本社・関西営業所
06-6556-0061
関東・川崎駅前オフィス
044-287-1655

メンテナンス

ウインチ
建設現場・設備など多くの場面で
揚重・据付作業で使用されています。

「コスト」や「メンテナンスの手間」を考え、
レンタル品をご利用いただく機会が増えています。

  • ウインチ使用イメージ

レンタル品の場合

  • 使用する期間のみ
    費用が発生するので
    安価で済みます。

  • 保管場所不要

    保管場所が不要
    です。

  • 出荷時点検不要

    自社での出荷時点検が不要であり、すぐに使用することができます。

でも
レンタル品に不安はありませんか?

  • ブレーキはしっかり掛かるのだろうか?
    荷物は滑らないだろうか?

  • 船の上や、高所で長期間使うから簡単に交換できない。
    しっかりと点検できているのか?

  • 最大荷重で巻き上げられるのか?

やっぱり
実際に吊ってみないと…

  • 重量物を扱う現場で、故障や破損は効率低下に留まらず、
    重大事故に繋がる場合もあります。

  • 当社のウインチは、メーカー基準に則した各部点検に加え、実際に定格の負荷を掛けた荷重試験をしています。

安心感を高めるため
実負荷試験機を導入しました

荷重試験機で可能な点検項目

ウインチ実負荷試験機の写真
年次点検票イメージ
年次点検票
出荷前点検票イメージ
出荷前点検票
  • 定格荷重試験 最大4トン
  • 実負荷吊上げによるブレーキの制動試験
  • モーター定格電流値の測定
  • ブレーキの滑り量測定
JISマーク
実負荷で荷重試験を行うので
使用条件に近い点検・測定が可能。

ブレーキ試験は、定格ロープ速度が2m/min以上のものは0.5m以上を巻下げてから、電動機の電源を遮断し荷が完全に停止するまでの距離を測定する。以上の試験を行ったとき、確実に停止しなければならない。また、荷が停止するまでの距離は、1分間の巻上距離の1.5%以下とする。

ウインチ点検手順

試験機に本体を設置する

動作前点検

各部測定 ブレーキ線間抵抗
モーター絶縁抵抗

異常確認 無負荷で運転し、
動作に異常がないか確認

ワイヤー取付
実負荷試験開始
最大負荷による動作確認

最大負荷による動作確認

実負荷試験

※音が鳴ります

電流値測定

クランプメーターをモーター配線にセット
上昇時の電流を確認

クランプメーターをブレーキ配線にセット
上昇させ電流値を確認

ブレーキの制動試験

上昇端から下降させて
下降停止時のブレーキ滑り量確認

ワイヤー取外

ワイヤー取外

チェックリストの残りの項目をチェック

実負荷試験のため使用条件に近い点検・測定が可能です。

詳しくは成松屋までお問い合せください